不動産ニュース / その他

2020/9/25

地所レジ、分譲Mの木材トレーサビリティを確保

 三菱地所レジデンス(株)は25日、同社が供給する新築分譲マンションにおいて、持続可能性に配慮した木材を採用することで、トレーサビリティを確保すると発表した。

 三菱地所グループは、オフィスや住宅等の建設時に使用する型枠コンクリートパネルに、持続可能性を配慮した調達コードにある木材と同等の木材を使用。2030年までにその使用率を100%にすることを目標としており、今回の取り組みもその一環。「ザ・パークハウス 駒沢レジデンス」(東京都世田谷区、総戸数69戸、21年12月竣工予定)から実施していく。

 同物件のケースでは、林業関係企業や政府・環境団体等の参画に基づき世界149ヵ国の政府が指示した制度「PEFC」認証材を採用。トレーサビリティを確保するため、第三者認証機関である(一財)日本ガス機器検査協会の第三者証明を取得する予定。

 トレーサビリティの確保には伐採、供給といったそれぞれの流通の段階において、個別の会社から認証を取得する必要があるが、型枠加工から施工まではCoC認証の未取得社もあり、認証がつながらないことも多い。そこで、その流通経路部分に「PEFC」認証材を採用し、第三者証明を取得して担保するというスキームを活用することで、トレーサビリティを確保していく。

 30年度にはすべての物件で型枠コンクリートパネルの木材のトレーサビリティを確保する予定で、今後は、第三者証明から幅をひろげ、国際認証の取得を目指す。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「ウィズ/アフターコロナ」の不動産市場は? 各分野のアナリストが展望します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/14

「記者の目」更新しました!

『顧客目線』のリノベーション(後編)
前編に引き続き、築古の公営住宅を、現代のライフスタイルに合った魅力的な物件に再生した事例を紹介。小さな子供を持つファミリー層向けに、さまざまな工夫を施しています。