不動産ニュース / 開発・分譲

2020/10/1

「シントシティ」新街区のモデルルーム案内開始

「SHINTO CITY」全体完成予想図

 東京建物(株)、住友不動産(株)、野村不動産(株)、近鉄不動産(株)、住友商事(株)、東急不動産(株)の6社は1日、新築分譲マンション「SHINTO CITY(シントシティ)」(さいたま市大宮区、総戸数1,411戸)の「III街区」のモデルルーム事前案内会を3日に開始すると発表した。

 同物件は、「埼玉県さいたま市都市計画事業北袋一丁目土地区画整理事業」の一画。総開発面積は約2万6,000平方メートルで、埼玉県内最大級のプロジェクトとなる。「I街区」「II街区」「III街区」の3棟構成で、JR「さいたま新都心」駅より徒歩5~8分。建物はいずれの街区も鉄筋コンクリート造地上15階建て。設計・施工は(株)長谷工コーポレーション。

 全街区の住民が共通で利用できる多彩な共用施設が特徴で、中庭の共用棟では「スタディブース」「カフェラウンジ」「パーティルーム」などを設けている。III街区では新たに、蔵書約5,000冊の「シントラウンジ」やコワーキングスペースとしても使える「チャットラウンジ」などを計画している。ゲストルームも7種類用意する。

 2018年5月末に物件ホームページを開設して以降、資料請求件数は1万件超。先行して発売したI・II街区は18年10月6日~20年9月30日までに4,500組を超えるモデルルーム来場者を集めた。これまでに825戸を発売し、約800戸の登録申込を得ている。

 新たにモデルルームを開設するIII街区は、3LDKを中心に、2LDK・60平方メートル~4LDK・82平方メートルのプランバリエーションを揃える。個室をつくれる可変スライドドアやテレワークなどに使えるファミリーライブラリーを採用しており、在宅勤務やリモート学習にも対応可能な間取りを提案する。販売開始は11月下旬の予定。販売戸数・価格は未定。

 全体竣工は21年12月中旬の予定。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 990円(税・送料サービス込み)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年5月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「東日本大震災」から10年。実際に記者が現地入りし、復興の足取りを取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

電子書籍のみ販売中防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 550円(税込み・送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/4/5

「月刊不動産流通2021年5月号」発売中!

「月刊不動産流通2021年5月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「東日本大震災10年 復興・再生。不動産市場の今 被災地ルポ」。あの日から10年が経過しました。記者が現地入りし、地元の不動産事業者から、復興の足取りや不動産市場の現状を聞きました。