不動産ニュース / 開発・分譲

2020/10/30

「丸の内テラス」、11月5日にグランドオープン/三菱地所

「丸の内テラス」外観

 三菱地所(株)は30日、11月5日にグランドオープンする「丸の内テラス」(東京都千代田区)の商業ゾーンをマスコミに公開した。

 同施設は、(株)みずほフィナンシャルグループ、(一社)全国銀行協会との共同事業「(仮称)丸の内1-3計画」(東京都千代田区)のアネックス棟。同事業は、「みずほ銀行前本店ビル」、「銀行会館」、「東京銀行協会ビル」の3棟を一体的に建て替えるもので、敷地面積約1万1,237平方メートル、延床面積18万878平方メートル。鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)地上29階地下4階建て。(仮称)タワー棟と「丸の内テラス」で構成する。

 「丸の内テラス」は、東京メトロ他「大手町」駅から地下通路で直結。地上10階地下4階建て、延床面積2万530平方メートル。地下1階~地上2階、9~10階が商業ゾーンで、3~7階はプライベートクラブ「OCA TOKYO」となる。

 商業ゾーンには、丸の内初となるルーフトップレストラン「THE UPPER」(9~10階)、大型エンターテインメントプレイス「MARUNOUCHI BASE」を含む飲食・物販・サービスの11店舗(店舗面積約2,200平方メートル)を誘致した。地上店舗すべてにテラス空間を配置。建物北側には、広場空間も創出した。

 「THE UPPER」は、数多くの飲食店プロデュースを手掛けるトランジットジェネラルオフィス初のフラッグシップとなるフレンチレストラン。2フロア構成・座席数は220席で、テラスも44席用意した。
 「MARUNOUCHI BASE」は、第一興商が手掛ける新業態店舗で、アメリカンダイナーに最新鋭のカラオケやダーツ設備を備えたエンタメエリアを併設している。

「THE UPPER」ではテラス44席を用意
「MARUNOUCHI BASE」のエンタメエリア

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 990円(税・送料サービス込み)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年5月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「東日本大震災」から10年。実際に記者が現地入りし、復興の足取りを取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

電子書籍のみ販売中防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 550円(税込み・送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/4/5

「月刊不動産流通2021年5月号」発売中!

「月刊不動産流通2021年5月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「東日本大震災10年 復興・再生。不動産市場の今 被災地ルポ」。あの日から10年が経過しました。記者が現地入りし、地元の不動産事業者から、復興の足取りや不動産市場の現状を聞きました。