不動産ニュース / 開発・分譲

2020/10/30

野村不、杉並区で築50年超のマンション建て替え

建て替え後の外観イメージ

 野村不動産(株)は30日、東京都杉並区で推進している「ガーデン堀之内住宅」マンション建て替え事業について、マンション建替組合が設立されたと発表した。同区初のマンションの建替え等の円滑化に関する法律に基づく建て替え事業であり、東京都で実施された同法を用いた建て替え事業として、過去最大(単棟型)の事業となる。

 「ガーデン堀之内住宅」(総戸数238戸)は、東京メトロ丸の内線「方南町」駅から徒歩6分に立地。敷地面積は約1万2,522平方メートル。従前は、鉄骨鉄筋コンクリート造地上11階建て、延床面積約2万773平方メートル。専有面積は約65~66平方メートル。東京都住宅供給公社が分譲したマンションで、1968年に竣工。建物が老朽化し、耐震強度の不足や、コンクリート破片の落下、漏水・排水不良等が発生していた。管理組合では2009年から建て替えの検討を進めており、同社は17年3月に事業協力者として参画。管理組合や、コンサルタントの(株)都市設計連合とともに、権利者との合意形成活動等を実施。19年12月に建替決議が成立した。

 建て替え後は、鉄筋コンクリート造14階建て、延床面積約2万8,579平方メートル。総戸数は369戸で、専有面積は約53~108平方メートルとする。
 建て替えと併せて、敷地南側に隣接する区有通路の整備も実施。一部区間の通行が、高低差等の要因で寸断されているため、その部分にスロープを設置し、通り抜けが出来る通路とする。

 21年4月に解体工事に着工、24年秋に竣工する予定。

現在の「ガーデン堀之内住宅」

この記事の用語

マンション建替え円滑化法

「マンションの建替えの円滑化等に関する法律」を参照

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

他社との差別化。どんな戦略が有効?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/12/5

月刊不動産流通2022年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2022」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。