不動産ニュース / その他

2020/11/19

欧州でコアオープンエンドファンドを運用

 三菱地所(株)は19日、同社が2010年に資本参加した、英国で投資マネジメント事業を展開するヨーロッパキャピタル社(EC)が、欧州大陸の不動産を投資対象とするオープンエンドファンド「Europa Diversifield Income Fund」を組成、運用を開始したと発表した。日系企業の関係会社である不動産ファンド運用会社が欧州大陸の不動産を投資対象とするファンドを運用するのは初。

 ECはこれまで、オフィスや商業、物流、住宅等の不動産を投資対象とするバリューアッドファンドの運用を行なっており、これまでに11ファンドを組成、欧州21ヵ国で約1兆4,300億円(1ユーロ=122円換算)の投資実績がある。

 今回のファンド組成は、マーケットの状況に応じて柔軟な出口戦略を取りたい投資家のニーズに応えるためのもので、ドイツ・フランス・オランダ等の欧州各国の物流・住宅・オフィス等の安定稼働資産を投資対象としていく。

 運用開始時の資産規模は約427億円。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 990円(税・送料サービス込み)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年5月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「東日本大震災」から10年。実際に記者が現地入りし、復興の足取りを取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

電子書籍のみ販売中防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 550円(税込み・送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/4/5

「月刊不動産流通2021年5月号」発売中!

「月刊不動産流通2021年5月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「東日本大震災10年 復興・再生。不動産市場の今 被災地ルポ」。あの日から10年が経過しました。記者が現地入りし、地元の不動産事業者から、復興の足取りや不動産市場の現状を聞きました。