不動産ニュース / 開発・分譲

2020/11/19

リアルG、代々木に初の新築クリエイティブオフィス

「PORTAL POINT Yoyogi-Koen」外観
オフィスモデルルーム。代々木公園を望むバルコニー付きオフィスも設定

 (株)リアルゲイトは、クリエイティブオフィスブランド「PORTAL POINT(ポータルポイント)」の第7弾「PORTAL POINT Yoyogi-Koen」(東京都渋谷区)を竣工した。

 同物件は、小田急線「代々木八幡」駅徒歩1分に立地する、新築のオフィスビル(地上7階地下1階建て)の一部を同社が借り上げ運営するもの。延床面積は約2,600平方メートル。「PORTAL POINT」としては初の新築物件となる。内装はビルオーナーが施工。同社は家具・什器類をセットした。総費用は約2,000万円。

 1階は店舗、2・3階がオーナー事務所。4階にラウンジ、フリーデスク、4~7階にスモールオフィス(17区画)と、共用会議室2室を設けた。コロナ禍を踏まえ、ラウンジは家具配置を見直した。

 代々木公園の緑との連続性も考慮し、ガーデンテラスやルーフトップテラスなど植栽を施した屋外の共用部を充実させた。入居者のリラックススペースやアウトドアワークスペースとして開放する。また、代々木公園向きの一部オフィスには専用バルコニーや専用テラスも設けた。

 スモールオフィスは、専有面積23~55平方メートル。スケルトン仕上げで、内装はテナントに任せる。坪賃料2万5,000~3万円前後で募集中。フリーデスク利用料は、登記ありで月額3万5,000円、なしで2万5,000円。他のポータルポイントと相互利用が可能。11月9日から募集を始め、オフィス30件、フリーデスクに20件の反響が入っている。18日時点でオフィス数件に申し込みが入った。クリエイティブ系企業、スタートアップ等の反響が目立つという。

共用ラウンジは、コロナ対策で家具の配置を見直した
ルーフトップは、アウトドアワークにも対応するスペースとして開放

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

時代の変化に対応し、躍進続ける事業者を再取材!その営業、経営戦略とは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/11/10

記者の目公開しました!

1棟丸ごと時間貸しスペースビルに再生」を公開しました。

コロナの影響で需要が高まっている時間貸しのワークスペース。大手企業は都心部を中心にサービス展開を活発化していますが、仙台市内でビル仲介・管理を手掛ける日本商事は地場事業者ながらそのトレンドをいち早くつかみ、10月、老朽ビルをニューノーマルなスタイルに沿う新しいオフィスビルへと再生しました。