不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/11/25

投資市場、「コロナの影響1年前後」が37%

 (一財)日本不動産研究所(JREI)は25日、「新型コロナと不動産投資市場」に関する調査結果を発表した。同日発表した「不動産投資家調査」での特別アンケートとして実施したもの。アセットマネージャーやアレンジャー、ディベロッパー、年金基金など191社を調査対象として、137社から回答を得た。

 新型コロナウイルス感染症が不動産投資市場に与えた影響と今後の動向について聞いたところ、「現在、ネガティブな影響を受けており、この状態が当面は続く(1年前後)」が37.5%で最も多かった。次いで、「現在、ネガティブな影響を受けており、この状態が今後しばらく続く(2~3年程度)」が27.9%となった。一方、「ネガティブな影響を受けたが、その影響から脱しつつある」という回答も14.0%あった。

 アセット別にみると、「ネガティブな影響がかなりあった」という回答は都心型商業施設70.1%、ビジネスホテル96.3%、シティホテル94.0%となった。「ネガティブな影響があった」はオフィスで63.2%、レジデンシャル(外国人向け高級賃貸)46.5%、郊外型商業施設54.2%。一方、「ネガティブな影響はあまりなかった」はレジデンシャル(ワンルーム・ファミリー)が66.2%、底地が52.4%、ヘルスケアが57.1%。「ネガティブな影響はまったくなかった」という回答は、物流施設で66.7%を占めた。

 コロナ収束後の見通しをアセット別にみると、「いち早く反転回復する」という回答は物流施設で91.7%、レジデンシャル(ワンルーム・ファミリー)は65.0%、底地は63.9%、ヘルスケアは54.9%となった。一方、「反転回復まで長期間を要する」という回答が最も多かったのはビジネスホテル(41.7%)、シティホテル(40.0%)だった。

 不動産投資市場にインパクトが大きかった事象について、上位2位のランキング形式(1位3ポイント、2位1ポイントで集計)で聞いたところ、「世界的な渡航制限」が257ポイントで最も多く、「テレワークの普及」が128ポイントで続いた。また、テレワークの普及に伴う構造展開の影響が大きい事象について同様の方式て聞くと、「オフィスのスペックや機能等に対するニーズが多様化し精緻化する」が221ポイントで最多。「オフィスの都心立地指向に構造変化が起きる」が135ポイントとなった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 990円(税・送料サービス込み)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年5月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「東日本大震災」から10年。実際に記者が現地入りし、復興の足取りを取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/4/5

「月刊不動産流通2021年5月号」発売中!

「月刊不動産流通2021年5月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「東日本大震災10年 復興・再生。不動産市場の今 被災地ルポ」。あの日から10年が経過しました。記者が現地入りし、地元の不動産事業者から、復興の足取りや不動産市場の現状を聞きました。