不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/12/4

耐震改修促進計画、市区町村の98%が策定済み

 国土交通省は4日、地方公共団体における耐震改修促進計画の策定状況および耐震改修等に対する補助制度について、2020年4月1日時点の整備状況をまとめた。

 耐震改修促進計画については、47都道府県すべてが策定済み。また、全国1,741市区町村のうち、1,707市区町村がすでに策定しており、策定率は98.0%(前年比0.2ポイント上昇)となった。残り34市区町村のうち、20年度中までに8市区町村が策定する予定で、26市区町村が21年度以降に策定する。

 耐震診断の補助が受けられるのは1,527市区町村で、整備率は87.7%(同0.2ポイント低下)。物件種別でみると、戸建住宅は86.8%(同0.3ポイント上昇)、共同住宅は41.2%(同0.7%低下)、非住宅建築物は38.7%(同0.2ポイント上昇)だった。

 耐震改修については、1,540市区町村が補助制度を用意し、整備率は88.5%(同0.3ポイント上昇)となった。物件種別では戸建住宅が87.8%(同変化なし)、共同住宅が36.2%(同0.3ポイント上昇)、非住宅建築物26.4%(同0.5ポイント上昇)。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

YouTubeチャンネルで独自の動画を投稿! 自社ブランディングや集客で成果を上げる事業者を取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/1/12

「記者の目」更新しました!

『団地リノベ』も新たな生活様式に対応」配信しました。
近年、UR都市機構は、古い団地のリフォーム・リノベーションに力を入れています。今回は、「光が丘パークタウン」(東京都練馬区・板橋区)における、「家事ラク&ワークスペース」をコンセプトにしたリノベについて取材。その内容とは?