不動産ニュース / 開発・分譲

2020/12/9

宇宙事業加速へ、日本橋に新たな拠点/三井不

「X-NIHONBASHI TOWER」メインロビー
スタジオ

 三井不動産(株)は9日、新たな宇宙ビジネスの拠点「X-NIHONBASHI TOWER」を開設。まちづくりを通じた宇宙関連領域におけるビジネス活性化プロジェクト「X- NIHONBASHI(クロス・ニホンバシ)」を本格始動する。

 「X- NIHONBASHI」は、日本橋のまちにおいて「場」の提供と「機会」の創出を通じ、宇宙関連領域のビジネス拡大に貢献し、そこに集まる産・学・官の多様なプレイヤーと共創活動を推進しイノベーションを図っていく一連のプロジェクト。同社が推進する「日本橋再生計画第3ステージ」の重点施策「新しい産業の創造」の戦略カテゴリーの一つである。

 同社は2018年、同エリアで「宇宙ビジネス拠点 X-NIHONBASHI」を開設。超小型衛星ビジネスを展開するスタートアップの(株)アクセルスペース等が集まり、宇宙に関するさまざまなプロジェクトへの参画やイベント・カンファレンスの誘致などを推進してきた。

 今回開設した「X-NIHONBASHI TOWER」は、オフィスや最大150人程度収容可能なカンファレンス&コワーキングスペースの他、オンライン配信設備を備えたスタジオを設置。宇宙スタートアップ・(株)ispaceが月面探査のミッションコントロールセンターも構える。

 今後も、オフィス、ワークプレイス等の「場」のバリエーションや、イベント、共創プロジェクトを増やしていき、プロジェクトをさらに加速させていく予定。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。