不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/1/18

コロナ禍の住宅購入、じっくり検討する人が増加

 (株)Housmartは18日、新型コロナウイルス感染症拡大前後におけるエンドユーザーの家探しに対するニーズの変化について、調査結果を公表した。

 同社は、資産価値を確認しながら物件探しや内見、購入の相談等が行なえる同社提供のアプリ「カウル」会員の登録情報を基に、首都圏在住の既存マンション購入検討者を対象に、新型コロナウイルス感染症拡大前(2019年4月1日~11月30日、回答者数1万5,718人)と拡大後(20年4月1日~11月30日、回答者数1万4,078人)のデータを比較分析した。

 購入の希望時期については、拡大後は「決まっていない」(47.2%)がトップ。拡大前も「決まっていない」(43.9%)が1位だったが、回答の割合は、やや増加した。同社は、コロナ禍による経済の不安定感により、すぐに購入に踏み切ることに不安を感じ、長期で検討する人が増加していると分析した。

 希望エリアについては、拡大後は「希望エリアで探したい」(35.6%)が「希望エリアはない」(23.0%)を上回り、拡大前と逆の傾向となった。新型コロナウイルス感染症の影響で改めて自分が住みたいエリア等の条件について考え、条件が固まった上で家探しをする人が増えているとみている。

 家探しの際に重視するポイントは、拡大後は「通勤時間」は14.3%(拡大前:23.7%)に減少し、「広さ」は29.7%(同25.9%)に増加。リモートワークの導入により職場からの距離より広さ等の条件を重視している人が多くなっていることが分かった。

 物件の購入予算は、6,000万円以上で検討する人の割合が増加。コロナ禍でも家探しを続けている人は、比較的高価格帯で検討しているケースが多いことが分かった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年3月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

サブリース事業のガイドラインの概要やポイントを分かりやすく解説! 対応する事業者の取り組みも紹介します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/2/22

「記者の目」更新しました。

9つの「趣味人」が集う」配信しました!
特定の趣味を楽しめる賃貸住宅が少しずつ増えています。今回紹介する賃貸住宅「ガルガンチュア」(千葉県柏市)は、“オートモービル”、“フィットネス”、“ゴルフ”など、各戸で趣味に対応した仕様を備えています。そこにはオーナーの並々ならぬ想いが。