不動産ニュース / 開発・分譲

2021/2/15

江戸川区で物流施設第1弾/ヒューリック

「ヒューリックロジスティクス葛西」完成予想図

 ヒューリック(株)は15日、保有する「ヒューリック葛西臨海ビル」(東京都江戸川区)の敷地内で、未利用容積(約100%分)を活用した増築による物流施設「ヒューリックロジスティクス葛西」に着工したと発表。

 同社による物流施設開発事業の第1弾。同社は不動産価値を最大化するバリューアッド事業を推進しており、大型バリューアッドの代表的プロジェクトとして取り組む。

 JR京葉線「葛西臨海公園」駅徒歩13分、東京メトロ東西線「葛西」駅バス7分・徒歩1分、首都高速道路湾岸線「葛西IC」約700m、環七通りに面した立地。一帯は、水害に強いとされる江戸川区地域防災拠点に指定されており、BCPの観点からも安全性の高い場所に位置する。

 鉄骨造地上5階建て、敷地面積1万9,521.44平方メートル、延床面積1万9,923.75平方メートル。
 ボックス型施設とし、倉庫面積は1フロア当たり約1,100坪、床荷重1.5t、柱間隔10m以上、梁下有効5.5m(基準階)を確保する。各階に事務所スペースを設けるほか、同一敷地内の「ヒューリック葛西臨海ビル」の共用施設(24時間開放カフェテリア、商談可能なロビースペースなど)も利用可能とする。

 竣工は2022年5月の予定。
 同社は、千葉県野田市(計画延床面積約2万8,900平方メートル、24年竣工予定)にも用地を取得済で、今後さらに物流施設の開発を加速させる計画。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

物流施設

貨物の保管・仕分けなどのための施設。物流センター、倉庫などであるが、保管機能だけでなく流通加工の機能を備えたものもある。必要な設備は貨物の性質や施設の用途によってさまざまで、その立地は、輸送方法や用途に応じて選定される。倉庫事業者が施設を建設し、賃貸する方法で運営されている場合が多い

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 990円(税・送料サービス込み)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年5月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「東日本大震災」から10年。実際に記者が現地入りし、復興の足取りを取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/4/5

「月刊不動産流通2021年5月号」発売中!

「月刊不動産流通2021年5月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「東日本大震災10年 復興・再生。不動産市場の今 被災地ルポ」。あの日から10年が経過しました。記者が現地入りし、地元の不動産事業者から、復興の足取りや不動産市場の現状を聞きました。