不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/2/19

小規模オフィス賃料、超小型・小型ともに最高値更新

 不動産情報サービスのアットホーム(株)は19日、東京およびその他主要エリアの「小規模オフィス」の平均募集賃料動向調査(2020年下期(7~12月))を発表した。

 同社ネットワークで登録・公開された小規模オフィスのうち、駅徒歩10分以内の物件が対象。東京23区内主要20エリアの賃料(共益費込みの坪単価)を「超小型(5坪以上~25坪未満)」「小型(25坪以上~50坪以下)」に分け動向を調査した。

 東京の小規模オフィス募集賃料(坪単価)は、20エリア全体平均で「超小型」が1万3,410円(前期比1.5%上昇)、「小型」が1万5,315円(同1.1%上昇)。超小型は13年上期以降、小型は16年上期以降、賃料上昇傾向が続いている。また両タイプ共に最高値を更新した。

 超小型の募集賃料が増加したエリアは、20エリア中3エリア。最も賃料が高かったのは「銀座」で2万212円(同8.6%上昇)。最も上昇したのも「銀座」だった。
 小型は5エリアで上昇。最も高かったのは「渋谷」で2万1,400円(同0.6%上昇)。最も上昇したのは「大塚・巣鴨」で1万815円(同19.1%上昇)。

 その他主要エリア(仙台市、横浜市、名古屋市、大阪市、福岡市)では、超小型は「横浜市」が前期から下落した以外はほぼ横ばいで推移。最も高かったのは「福岡市」の9,542円(同0.5%上昇)、最も上昇したのは「大阪市」で8,577円(同1.1%上昇)だった。
 小型では、「仙台市」だけが8,734円(同4.9%上昇)と前期から上昇。最も高かったのは「福岡市」の1万1,982円(同横ばい)だった。

この記事の用語

賃料

賃貸借契約によって賃借人が支払う対価をいう。特約がない限り後払いである。また、地代・家賃については、事情変更による増減請求権が認められている。 なお、借主が実質的に負担するのは、賃料に保証金、預かり金等の運用益を加えた額(実質賃料)である。また、共益費など賃料以外の負担を求められることも多い。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年3月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

サブリース事業のガイドラインの概要やポイントを分かりやすく解説! 対応する事業者の取り組みも紹介します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/3/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.378 デンマーク人が最も大切にしている価値観 “ヒュゲ”【デンマーク】」配信しました。
最近、何かとメディアで取り上げられる「ヒュゲ(ヒュッゲ)」。とはいえ、実際にどういった意味なのか、説明できる人は少ないかもしれません。発祥元となるデンマークで暮らすライターが、デンマーク人の暮らしや思想を紐解きながら、「ヒュゲ」について説明します。