不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/3/3

20年の商業用不動産投資額、減少幅が縮小

 JLLは、2020年通年と20年第4四半期の世界の商業用不動産(オフィス、リテール、インダストリアル、ホテル、複合用途、住宅、その他)の投資額を発表した。

 通年投資額は7,620億ドル(前年比28%減)と、アメリカ大陸、イギリス、ドイツ、フランスでの投資活動が回復等が寄与し、減少幅が縮小した。第4四半期の投資額は2,670億ドル(前年同期比21%減)。

 地域別でみると、アメリカ大陸の通年の投資額は3,390億ドル(前年比38%減)、第4四半期の投資額は1,180億ドル(前年同期比30%減)、EMEA(ヨーロッパ、中東およびアフリカ大陸)の通年の投資額は2,820億ドル(前年比17%減)、第4四半期の投資額は1,050億ドル(前年同期比17%減)、アジア太平洋地域の通年の投資額は1,410億ドル(前年比20%減)、第4四半期の投資額は440億ドル(前年同期比横ばい)となった。

 都市別投資額は、1位パリ(231億ドル)、2位ロンドン(228億ドル)、3位東京(227億ドル)、4位ロサンゼルス(194億ドル)、5位ニューヨーク(190億ドル)となり、ゲートウェイ都市での投資がみられた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

人の死に関するガイドライン、もう確認されましたか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/12/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.387 将来は砂浜が無くなる⁉ 知られざるワイキキのビーチ事情【アメリカ】」配信しました。
ハワイの一大観光地である「ワイキキビーチ」は、人工的に作られた砂浜だとご存知でしょうか? 風光明媚なこのビーチを保全するため、ハワイ州が取り組む「サンドプロジェクト」について、現地ライターが紹介します。