不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/3/23

19年の既存住宅流通量、全国60万戸超に

 (一社)不動産流通経営協会(FRK)は23日、2019年の既存住宅流通量推計(速報値)を発表した。法人・個人を問わず、売買により所有権移転が行なわれた所有権移転登記個数を、総務省の住宅・土地統計調査をベースに推計した「住宅ストック戸数」と、同省による固定資産の価格等の概要調書から算出した「非住宅ストック棟数」で按分し算出した。

 19年の既存住宅流通量は、全国ベースで60万4,324件(前年比8,674件増)。新設住宅着工戸数と比較した既存住宅流通比率は40.0%(同1.3ポイント上昇)となり、09年の調査開始以来、初めて4割に達した。「新設住宅着工戸数が減少し、既存住宅流通推計量が拡大したことが要因」(事務局)と分析している。

 都道府県別にみると、最も流通量が多かったのは東京都で14万4,000件(同約1,000件増)。以下、大阪府6万件(同約1,000件増)、神奈川県5万8,000件(同約2,000件増)と続いた。流通比率については、京都府が51.8%(同2.3ポイント低下)で最も高かった。また、東京都は50.8%(同1.0ポイント上昇)と全国で2番目に高い割合を示し、調査開始以来、初めて過半となった。ストック件数が蓄積されている1都3県および関西圏で流通比率が高い傾向にある。

 東京23区の流通量は12万1,949件(同503件減)となり、東京都全体の約85%を占めた。流通比率は52.6%(同0.3ポイント上昇)と、3年連続で5割超となった。法務局出張所の管轄エリア別では、「墨田区・江東区」が1万2,970件(同870件増)で最も多く、流通比率は「渋谷区・目黒区」が62.8%(同0.8ポイント低下)で最も高くなった。

 同協会では、「過去数年の新設住宅着工が多かったエリアでは、ストックの蓄積が影響するのか、その後に流通量が増加する傾向がある」とコメントしている。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年8月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

賃貸オーナーの不安払拭に向け、TOPICを確認!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/7/27

「記者の目」更新いたしました

「観光」以外でも集客するホテル」配信しました!
積水ハウス不動産東京が5月に開業したホテル「YANAKA SOW(ヤナカ ソウ)」。開発計画当初はインバウンドをターゲットとしていましたが、コロナ禍での観光需要低下を考慮し方向性をチェンジ。開業時には、ワーケーションや二拠点居住への対応など…さまざまな使い方ができるホテルとしてオープンしました。