不動産ニュース / 政策・制度

2021/3/26

MINTO機構、長野けんしんとまちづくりファンド

 (一財)民間都市開発推進機構(MINTO機構)は25日、長野県信用組合(長野県長野市、理事長:黒岩 清氏)と、「ながのけんしん奈良井宿まちづくりファンド」を設立した。

 2017年度に開始した、地域金融機関と連携した「マネジメント型まちづくりファンド支援事業」の一環。空き店舗等を活用した民間主体のリノベーションまちづくり事業等を資金面で支援し、地域のにぎわい創出を図る目的。

 重要伝統的建造物保存地区に指定されている奈良井宿とその周辺エリアが対象。古民家等をリノベーション等により活用し、商業施設や飲食施設、宿泊施設、交流施設、業務施設等を整備・運営し、地域課題の解決に資する事業を対象に出資する。

 ファンド総額は3億円(長野県信用組合1億5,000万円、民都機構1億5,000万円)。ファンドの存続期間は20年。投資期間は6年。投資限度額は、対象事業者の資本もしくは対象事業の総事業費の3分の2。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 990円(税・送料サービス込み)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年5月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「東日本大震災」から10年。実際に記者が現地入りし、復興の足取りを取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/4/5

「月刊不動産流通2021年5月号」発売中!

「月刊不動産流通2021年5月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「東日本大震災10年 復興・再生。不動産市場の今 被災地ルポ」。あの日から10年が経過しました。記者が現地入りし、地元の不動産事業者から、復興の足取りや不動産市場の現状を聞きました。