不動産ニュース / 開発・分譲

2021/4/2

Park-PFIで渋谷区の公園を整備/東急

地域のにぎわい拠点として整備された「渋谷区北谷公園」。奥はBLUE BOTTLE COFFEEが出店する2階建ての施設
テープカットの模様。左から、東急取締役社長の髙橋和夫氏、渋谷区長の長谷部 健氏、神南宇田川町会長の杉本一二氏

 東急(株)を代表企業とし、(株)CRAZY AD、(株)日建設計から構成される「しぶきたパートナーズ」は1日、渋谷区初のPark-PFI制度を活用した「渋谷区立北谷公園」を開園した。

 JR「渋谷」駅より徒歩7分に立地する広さ960平方メートルの公園で、自転車やバイクの駐輪、短時間の休憩等に利用されていた。地域のにぎわい創出および活性化の拠点として、より多くの人に利用されることを目的に、植栽やベンチ、飲食店が入居する建物(延床面積約295平方メートル、鉄骨造地上2階建て)、屋根付き広場等を整備した。

 新設した建物には「BLUE BOTTLE COFFEE」が出店し、28日に開業する予定。建物横の屋根付き広場では、神南・宇田川エリアに関連する企業等と連携したマルシェや、地域の祭りである「北谷稲荷秋季例大祭」と連携した取り組みなど、エリア価値の向上および地域活性化につながるイベントを多数開催していく。

 しぶきたパートナーズでは、植栽や公園施設の維持管理に加え、情報発信やイベント企画・誘致など公共空間運営を含めたトータルマネジメントを実施していく。

 開園式典で挨拶した東急取締役社長の髙橋和夫氏は、「渋谷というまちには、色々な顔があって良いと思っている。地域の商店会や企業、来園者が交流を図る地域活性化の拠点となるよう、しっかり運営していきたい」などと語った。

 Park-PFI制度は、2017年の都市公園法改正により創設。飲食店や売店など公園利用者の利便性向上に資する施設の設置と、同施設の収益を活用して周辺園路、広場等を一体的に整備・改修する事業者を選定している。

施設の開業に先立ち、BLUE BOTTLE COFFEEのトラックを公園内に設置。エスプレッソドリンクを提供する

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。