不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/4/6

景気DI、不動産は2ヵ月連続でプラス

 (株)帝国データバンクは5日、2021年3月の「TDB景気動向調査」の結果を発表した。有効回答数は1万1,261社。

 同月の景気動向指数(景気DI:0~100、50が判断の分かれ目)は、38.0(前月比2.2ポイント上昇)と2ヵ月連続でプラスとなった。緊急事態宣言の解除により、人の動きが徐々に活発化したことで上向いた。また、在宅時間の増加に伴う自宅内消費の拡大傾向も要因。

 業種別では、全10業界でプラスとなった。「不動産」は40.6(同2.3ポイント上昇)と2ヵ月連続でプラスとなり、20年2月以来1年1ヵ月ぶりに40を上回った。郊外における住宅需要の高まりが継続し、建物売買や土地売買が堅調に推移。企業からは、「金融緩和と新型コロナウイルス関連の投資により、資産の運用先として不動産の希望者が増加している」(不動産代理・仲介)、「不動産売買価格、賃貸家賃がともに上昇傾向」(不動産管理)といった声が挙がった。

 企業規模別では、「大企業」(40.2)、「中小企業」(37.5)、「小規模企業」(36.7)のいずれも2ヵ月連続でプラスとなった。

 同社は今後の見通しについて、「ワクチン接種の開始による経済活動の正常化に向けた動きなどもあり、緩やかな上向き傾向が続く」と予想。「テレワークの拡大による住宅ニーズの高まりや自宅内消費など新しい生活様式に対応した需要の拡大はプラス要因となる」としている。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

ユニークなコロナ禍の社内交流を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/6/5

「月刊不動産流通2021年7月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年7月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

今年3月に閣議決定された新たな「住生活基本計画(全国計画)」。「社会環境の変化」「居住者・コミュニティ」「住宅ストック・産業」の3つの視点から8つの目標が設定されました。本特集ではそのうち、特に不動産事業者の業務に関わる内容について解説。国土交通省や業界団体への取材も行ないました。

特集「コロナ禍の『社内活性化法』」では、コミュニケーションが希薄になりがちなコロナ禍でも社員の交流を深め、モチベーション向上に成功する不動産事業者のユニークな取り組みを紹介します。