不動産ニュース / 開発・分譲

2021/4/15

広島の中心市街地で大規模再開発/野村不

 野村不動産(株)は15日、本通3丁目地区市街地再開発(広島市中区)に参画すると発表した。

 2020年3月に「本通3丁目地区まちづくり研究会」が設立され、多くの地権者の賛同を得られたため、21年3月に準備組合が設立。同組合は同社を事業協力者に決定した。

 広島電鉄「本町」駅徒歩1分、広島市の中心市街地の商業集積地である「本通商店街」の玄関口に立地。施行区域面積は約1.5ha。

 今後、商業施設やホテル、都市型住宅等の都市機能の充実を図り、地権者や広島市等の行政と共に道路や公共施設の整備、再開発施設の用途・規模を検討し、早期の都市計画決定を目指す。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

市街地開発事業

市街地を開発または整備する事業のこと。 具体的には、都市計画法第12条に掲げられた次の6種類の事業を「市街地開発事業」と呼ぶ。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

税理士が、実務における税制改正の注意点を解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/5/5

「月刊不動産流通2021年6月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年6月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。
解説「令和3年度 住宅・土地税制改正のポイント」では、令和3年度の税制改正の中でも不動産仲介の営業現場において重要と思われる項目について解説しました。実務上の留意点も紹介します。