不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2021/5/18

C21、21年度中に1,000店超えへ

 (株)センチュリー21・ジャパンは17日、2021年3月期の決算説明会をオンライン形式で開催。4月に代表取締役社長に就任した園田陽一氏が、次期(22年3月期)の経営方針等について説明した。当期の決算数値は4月30日付のニュースを参照。

 当期はコロナ禍の影響が大きく、営業収益・営業利益・経常利益が減少。前期に有価証券の評価損があったため当期純利益は前期比2割増となった。一方、20年8月27日に公表した業績予想との比較では、営業収益は2.6%増、営業利益は18.8%増、経常利益は16.0%、当期純利益は17.5%上振れた。園田氏は「第1四半期のサービスフィー収入がコロナ禍で落ち込んだものの、以後順調に回復したことから、堅調な業績につながった」とした。

 加盟店の受け取り手数料は上期が10%以上減少したものの下期に取り戻し、通期では489億9,000万円(前期比6.0%減)。売買仲介と社有物件の合計成約件数は3万153件(同2.2%増)とわずかに増え、3万件台を回復した。

 次期は、加盟店数のさらなる拡大や加盟店のデジタル化支援を積極的に進めていく。加盟店数は、3月末で989店(同11店増)となり、初の1,000店舗超えが目前に。期末の目標店舗数を1,010店舗とし、店舗開発を加速する。開発部隊を増強し、新規加盟店の支援専門チームの設置などを通じて新店舗の立ち上げ支援を進めていく。加盟店のデジタル化支援については、加盟店向けのクラウドストレージサービスを提供し、情報セキュリティ対策やBCP対策に役立てるほか、オンライン重説や電子契約などへの環境も整える。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
新しい住宅トレンドは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/1

「海外トピックス」更新しました!

日常にとけこむ「温室リノベーション物件」【オランダ】」配信しました。
国土の半分以上が耕地であるオランダでは、特に野菜や花の温室栽培が盛ん。一方でまちなかには、老朽化などを機に長年放置されている温室が多く、近年はそうした温室をコミュニティスペースや飲食店として再生する試みが見られます。