不動産ニュース / 政策・制度

2021/6/15

住宅団地再生の手引き書作成へワーキング設置

 国土交通省は15日、5回目の「住宅団地再生」連絡会議を開催。住宅団地再生の手引き(案)について発表した。同会議は、住宅団地の再生・転換方策を、先進事例の研究、調査、意見交換の実施等を目的に、2017年1月に設立。民間企業等(鉄道・不動産・住宅・建設・金融等) 、地方公共団体等、現在303団体が参加している。

 手引きは、住宅団地は全国に約3,000団地に及び、その大半が戸建て住宅地を含み、開発は昭和40年代前半がピークで、多くの住宅団地で人口減少、高齢化の進行、住宅・施設の老朽化等、さまざまな課題が顕在化していることを受けて策定する。住宅団地(戸建て住宅地)の再生に向けた検討・取り組みを進める手順や参考となる事例・制度などを示し、現場での支援や関係者との調整等に活用されることを目指す。

 手引き(案)では、住宅団地の再生に向けての手順として、住宅や都市計画分野だけでなく、福祉、子育て、交通など、各分野の状況を総合的に把握することが重要であるとし、これらを連携させた取り組みが求められるとした。また、多様な人材を巻き込みながら、多様な知見や協力を得られる体制を構築(検討会を発足)し、専門家の意見等も取り入れながら進めていくことを推奨。解決すべき課題、活かすべき資源を明らかにし、検討会で共有。まち歩きでの現地確認、ワークショップ、イベント、SNS・インターネットでの意見収集等も活用を促している。長期的な視点を踏まえたビジョン(将来の暮らし像)の設定も重要であるとした。

 手引き策定に向け、「住宅団地再生の手引き・住宅団地再生検討ワーキング」を6月末~7月上旬に発足。22年2月まで9回にわたって会合を開催し、手引き(案)についての意見交換等を行なう。東急電鉄(株)、大和ハウス工業(株)、(一社)移住・住みかえ支援機構、(独)住宅金融支援機構、(独)都市再生機構が参加する。そのほか参加希望団体を18日まで受け付ける。22年2月に最終とりまとめを発表する予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

団地

同じ性質の建物が集団的に立地し、関連する施設が整備された一団の土地。住宅団地、工業団地などがあり、一般に計画的に建設される。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。