不動産ニュース / 開発・分譲

2021/6/23

溝の口に地域とつながるリノベ複合施設

築47年のビルをリノベーションした複合施設「BOIL」外観
エントランス前には地域住民も集える広場を設置。キッチンカーも常設する

 リノベる(株)と(株)NENGOは23日、複合施設「BOIL(ボイル)」(川崎市高津区)の7月3日オープンに先駆け、内覧会を開催した。

 同施設は、東日本電信電話(株)(NTT東日本)が所有する築47年のビルをリノベーションしたもの。敷地面積3,490.88平方メートル、延床面積1,293.77平方メートル、鉄筋コンクリート造地上3階建て。
 同ビルは、長きにわたり通信ビルとして活用されてきたが、建物内に利用していないスペースが発生していたことから、リノベるにリノベーションを依頼。より深く地域や暮らしを支え、新たな文化や価値を生み出す発信基地として再生した。リノベるが企画、設計・施工、運営マネジメントを実施、約40年間地元のまちづくりに取り組んできたNENGOがリーシング、集客を担う。

 地域での認知度が高いことから、タイル貼りでレトロ感のある外観はそのままに。エントランス横のパーキングを地域住民も集える広場に変更し、コーヒースタンドのキッチンカーを常設する。
 1階にはシェアキッチンを設置。天井を躯体現しとし、高さを確保した。1日カフェや料理教室、家族とのコミュニケーションの場、開業までのチャレンジショップなどに利用できる。すでにトルティーヤを提供する店舗の利用が決まっており、毎週火曜日に出店する予定。利用料金は1時間3,300円、7時間で1万6,500円(いずれも税込み)。また、スタジオ不足の問題解消、カルチャーの発展を後押しすべく、ダンススタジオも用意。秋にはオリジナルビールを販売するブルワリーも出店する予定。

 2階はコワーキングスペースとし、約60席を用意。小学5年生以上の子供同伴も可能、自宅・職場以外のワークスペースとして、コミュニケーションの場として利用できる。月額会員制で利用頻度や時間帯に合わせたプランがあり、フルタイム(8~21時)の月額利用料は1万9,800円~、ドロップインは1時間500円(いずれも税込み)。3階は、NTT東日本のサテライトオフィスとして稼働する。

シェアキッチンは、教室やチャレンジショップ、家族とのコミュニケーションの場などに利用できる
コワーキングスペースには約60席を用意。小学5年生以上の子供も利用可能

この記事の用語

コワーキングスペース

属性の異なる人々が共同で利用し、相互に交流することのできる仕事場。英語のcoworking space。業務のための場所を共有するだけでなく、利用者間の交流が生まれるところに特徴がある。また、交流を促すための行事などが実施される場合もある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。