不動産ニュース / 開発・分譲

2021/7/8

賃貸ラボ&オフィス、初の新築施設を新木場で開業/三井不

専有部一例。奥側がラボエリア、手前がオフィスエリアとなっている

 三井不動産(株)は8日、3月に竣工した賃貸ラボ&オフィス事業「三井のラボ&オフィス」の「三井リンクラボ新木場1」(東京都江東区)を報道陣に公開した。

 同事業は、本格的なウェットラボ(創薬や再生医療等の研究者が液体や気体等を使った実験が可能なラボ)とデスクワークができるオフィスが一体化した施設の賃貸事業。2016年よりライフサイエンス領域のイノベーション促進のために取り組む「場の整備」、および(一社)ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)と連携して行なう「コミュニティの構築」の一環となるもの。都心で展開する「都心近接型」、アカデミアや研究施設、先端医療施設等の近接地に展開する「シーズ近接型」ほか、海外での展開も計画する。

 「三井リンクラボ新木場1」は、20年1月に稼働した「三井リンクラボ葛西」に続く都心近接型第2弾で、初の新築ラボ施設となる。東京メトロ、JR「新木場」駅徒歩11分、都心や羽田空港などへのアクセスに優れる立地。敷地面積3,300.06平方メートル、6階建て、延床面積1万1,169.77平方メートル、総貸付面積7,867.25 平方メートル。

 専有部は、1フロア約1,600平方メートルで最大14分割も可能としており、最小約110平方メートルから対応する。各区画ごとに貸室内へ直接給排水・給排気・都市ガスなどを配管できる設備バルコニーを設置。実験専用の排気ダクト、空調室外機等の増設スペース等も用意している。

 共用部は、1階にデッキテラス併設のコミュニケーションラウンジやカフェを設置したほか、入居テナントとLINK-J会員専用の最大100人収容可能な会議室も用意。エントランス近くにキッチンカー専用の駐車スペースも設けた。

 一般的なオフィスと異なり、実際の施設を確認した上で成約に至るケースも多く、現時点での入居率は6~7割程度。異業種から参入したAI/バイオ技術を活用した予防ヘルスケアサービスに関する研究を手掛けるNECソリューションイノベータ(株)や、バイオ基盤技術製品の製造を手掛ける大学発スタートアップ、医薬品開発業務を受託し臨床開発等を行なうCRO企業等、さまざまなライフサイエンス領域のプレイヤーが集積する。

 今後は、21年11月に「シーズ近接型」の「(仮称)三井リンクラボ柏の葉」が竣工し、新木場エリアでも23年春竣工予定の2棟目を計画。23年には国内4棟体制となる予定。海外については米国・ボストンで21年中に竣工する施設の開発を推進しており、今後もボストンや西海岸エリアで展開していく予定。

 会見した同社取締役専務執行役員の植田 俊氏は、「このラボ&オフィス事業は、不動産の新しいアセットクラスという位置付け。今回の施設は、賃貸型、都心型のラボとして日本で初めての施設となるが、認知されればされるほどこうした施設の需要は高まると考えている。開発のペースを速め、供給することで需要を顕在化していきたい」などと抱負を述べた。

「三井リンクラボ新木場1」外観
1階のコミュニケーションラウンジにはデッキテラスも併設

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。