不動産ニュース / 開発・分譲

2021/7/14

千葉・印西で雁行型を採用した大規模分譲地

「The Chevron Knot」外観
上から見た図。建物を雁行型に配置し、歩道の交差点(図中央)の両サイドにはクルドサックを設けた

 トヨタホーム(株)は13日、大規模戸建て分譲地「The Chevron Knot (ザ・ シェブロンノット)」(千葉県印西市、総区画数136区画)を報道陣に公開した。

 北総線「印西牧の原」駅徒歩11分に立地。開発面積2万7,569.75平方メートル。建物は軽量鉄骨造(鉄骨ラーメン構造)地上2階建て。全棟をZEH(Nearly ZEH含む)仕様とする。

 一般的な水平垂直の土地形状・建物配置ではなく、区画と建物を接道に対して「シェブロン(雁行)」型に配置。住民同士の視線を緩和するとともに、開放感や採光、通風性、プライバシーなどを確保。画一的になりがちなまち並みにも変化を出した。

 遊歩道の交差点にはシンボルツリーとベンチを配した交流スペースを設け、その両サイドに「クルドサック」(住宅地における袋小路状の車道)を設置。安全性を高め「歩車共存」を図った。クルドサックから交流スペースにかけてを、住民同士のつながりをつくるという意味で「ノット(結び目)」と称している。

 全区画の約半数にセレクトシステム「MY WORLD FITTING LIKES (マイ ワールド フィッティング ライクス) 」を導入。「ペット」「リゾート」「アウトドア」など6つのライフスタイルに特化した建物プランに加え、世界各国の都市をテーマにした12パターンのインテリアカラーなどから、顧客が建築前にあらかじめ選択できる。

 2021年2月より先行販売として7区画を販売しており、5区画が契約済み。6月に受け付けを開始した資料請求数は300件、モデルハウスへの来場数は100組を超えている。7月10日開始の第1期販売は10区画で、価格が約4,800万~5,500万円。敷地面積170.43~175.98平方メートル、延床面積は110平方メートルが中心。間取りは2LDK〜5LDK。千葉県内や都心で働く30~40歳代のファミリー世帯からの反響が高いという。

建物前の車道に設けられたクルドサック
「リゾート」プランのモデル棟

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

雁行型

集合住宅の住戸レイアウトのパターンの一つ。雁が飛んでいくときの列の形に似て、住戸がはすかいに続いている形式のものを雁行型という。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。