不動産ニュース / イベント・セミナー

2021/7/14

不動産女性塾、「SDGs」テーマにセミナー

 不動産業に携わる女性経営者や実務経験者を中心に組織する(一社)不動産女性塾(塾長:北澤商事(株)代表取締役会長:北澤艶子氏)は13日、オンラインセミナーを開催した。持続可能な社会づくりや、SDGs達成に向けた企画を立案・実施する(株)朝日エル会長の岡山慶子氏が、「SDGSと不動産女性塾 今までも、これからも、担ってきたのは皆さんの活躍」をテーマに講演。75名が視聴した。

 冒頭、北澤塾長は「女性塾発足から5年、一般社団法人化してから3年が経った。延べ2,000名がセミナーに参加しており、活動の輪が広がっている。『SDGs』に取り組む企業が増えつつある今、今回のセミナーから多くのことを学んでいただきたい」と挨拶した。

 岡山氏は、女性たちの結婚・出産後も働き続けたいとの希望を叶えるため、1986年に創業。2000年、アメリカ・ミシガン州で実践されていたサステナビリティのまちづくりを知り、持続可能な社会を担うことを会社の方針に定めている。これまでに、乳がん早期発見啓発「ピンクリボン」運動の推進、高齢者のウェルビーイング、サステナブルな地域づくりに取り組んできた。

 同氏は、SDGsに取り組むにあたり大切なのは「目の前に置かれた社会課題を解決していくこと」と言及。アメリカのまちづくりの取り組みを紹介し、「持続可能な社会は『向こう三軒両隣』で実現できる」と話した。「『子供の安全が守られる』『泥棒が入りにくい』『車ではなく、歩きやすさや公共交通機関の利用のしやすさが大切にされている』など、身近なところから取り組んでいるまちづくりが印象的だった」とし、「自分たちの地域の人たちを幸せにする、働く人が幸せになるという不動産女性塾の活動は、SDGsを実践しているといえる」と述べた。
 また、「女性こそ持続可能な社会の担い手になる」と話し、「周囲の人たちを幸せにしたい、成長したい、感動のお裾分けがしたいという気持ちを持つ皆さんに、これからの社会を担っていただきたい」とエールを送った。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

SDGs

国連が定めた世界が共通に達成すべき目標。SDGsは、英語のSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略語である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。