不動産ニュース / 団体・グループ

2021/7/15

FRK、最低床面積の引き下げなど税制改正要望

 (一社)不動産流通経営協会は、15日に開催した理事会で「令和4年度税制改正に関する要望」を決議。同日、国土交通省に要望書を提出した。

 住宅税制に関しては、住宅ローン減税や投資型減税、居住用財産の譲渡損失特例など15項目の特例措置等の延長を要望。また、単身・少人数世帯の増加に合わせて住宅ローン減税をはじめとした各種特例における最低床面積要件を新築住宅等以外も40平方メートルに引き下げることなどを盛り込んでいる。さらに、SOHO起業やテレワーク、U・I・Jターン、帰農など多様化する居住ニーズの実現に対応するとともに、空き家・空き地問題の解消などもにらみ、二地域居住を支援するため住宅ローン減税を2戸目居住住宅・住宅地にも適用させるよう求めていく。

 このほか、住宅ローン減税の築年数要件を1982年1月1日以降の新築に緩和、固定資産税の2分の1特例を既存住宅にも適用可能とすることなどを盛り込んだ。

 住宅税制以外では、不動産の流通コストの抑制や、今後の書面電子化をにらんで不動産の譲渡に関する印紙税の軽減税率の特例の延長もしくは印紙税の廃止を求める。また、事業用長期保有資産の買換え特例の土地面積要件の撤廃・緩和を要望していく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。