不動産ニュース / 開発・分譲

2021/7/26

分譲住宅の購入手続き、22年夏までに電子化/三井不レジ

電子化イメージ

 三井不動産(株)と三井不動産レジデンシャル(株)は26日、分譲マンション・戸建て購入における全書類・諸手続きを電子化すると発表した。

 三井不動産レジデンシャルが販売する分譲マンション・分譲戸建において、重要事項説明・売買契約・引渡手続きなど、購入時の手続きに関して同社が交付する全ての書類について電子化。併せて契約者専用サイト「レジデンシャルLiFE」の機能の刷新および契約業務システムの新規開発を行ない、すでに導入しているオンライン商談に加え、2022年夏をめどに顧客が対面・非対面を選択できるようにする。首都圏新規販売物件より順次対応し、重要事項説明・契約書類の電子交付については法改正後より対応する。

 今回の電子化により顧客は、約120点、約1,000枚の契約関連書類を持ち帰る必要なく、ウェブ上でいつでも閲覧可能。PCやスマートフォンを用いて契約から入居までの手続きが可能となる。

   一方、三井不レジでは、書類情報のシステム入力・照合作業の削減により、契約事務業務を約70%・約3万時間(年間)削減でき、手続きの電子化にともなうリモートワーク率向上により、場所にとらわれない働き方も実現する。さらに、書類の電子化(ペーパーレス化)により年間約360万枚の紙も削減できる見込み。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

電子契約

情報通信技術を利用し、コンピューター画面を介して電子データを用いて締結される契約。電子契約の信頼性を書面契約と同水準で確保するためには、契約意思を表示する電子的な署名の仕組み、契約内容の改ざん防止する...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。