不動産ニュース / 開発・分譲

2021/7/27

八丁堀に新ブランド「S-GATE FIT」開発

「S-GATE FIT八丁堀」外観イメージ

 (株)サンケイビルは27日、新オフィスブランド「S-GATE FIT(エスゲート フィット)」を立ち上げ、初弾となる「S-GATE FIT八丁堀」(東京都中央区)の開発に着手したと発表。

 同社では、2015年よりミッドサイズオフィスビル「S-GATE」シリーズを展開。これまで7棟を開発してきた。「S-GATE FIT」は1フロアの事務所面積を100坪前後として開発するオフィスブランド。エリアに“FIT”する適正なサイズ感で、個別のニーズに対応する柔軟性を備えたオフィスとして供給する。

 1フロア1テナントを想定。エントランス内装と事務室のブラインドに木調を取り入れたナチュラルデザインを採用し、エントランスにはニュースや天気予報などの情報を配信する“デジタルサイネージ”を設置する。さらに入居者専用屋上テラスなどを開設し、多様化する働き方に対応する。

 貸室内の空気を1時間に2回入れ替える機械換気システムを取り入れるほか、2方向の壁に自然換気用窓を設置、非接触で操作できるエレベーターの採用など、感染症対策も行なう。

 「S-GATE FIT八丁堀」は、JR・東京メトロ「八丁堀」駅徒歩2分、東京メトロ「茅場町」駅徒歩7分。敷地面積約336平方メートル、鉄骨造地上9階建て。基準階面積は約224平方メートル。竣工は22年2月末の予定。

 なお、「(仮称)S-GATE FIT 八丁堀II」(東京都中央区、22年9月竣工予定)、「(仮称)S-GATE FIT 日本橋馬喰町」(東京都中央区、23年5月竣工予定)についても開発を進めている。

「S-GATE FIT八丁堀」エントランスイメージ

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

機械換気(強制換気)

機械設備を用いる換気方法をいう。換気の方法は大きく分けて、自然の通風や温度差による方法(自然換気)と、機械設備によって強制的に換気する方法(機械換気)とがある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。