不動産ニュース / その他

2021/7/30

在宅勤務で気になる費用負担、トップは「電気代」

  シェアオフィス事業を展開する(株)WOOCは30日、「テレワークの家計負担感と節約意志に関するアンケート調査」の結果を発表した。7月15~19日に、20~50歳代のテレワーク経験者である男女300名を対象に調査した。

 在宅でテレワークをするようになり気になる費用について聞いたところ、トップは「電気代」(75.7%)。以下、「コーヒー・お茶などの飲料代」(26.7%)、「トイレットペーパーやコピー用紙などの消耗品代」(24.3%)、「水道代」(21.7%)となった。

 在宅でテレワークを行なうことで使用頻度が増えたものについては、「エアコン・扇風機」(75.3%)、「蛍光灯などの照明」(50.7%)、「Wi-Fi」(40.0%)がトップ3を占めている。

 在宅勤務で使用頻度が増えたものを節約するために、自宅からどのくらいの距離にあるコワーキングスペース等を利用したいかを聞いたところ、トップは「徒歩圏内(自宅から20分程度まで)」が68.9%と多数を占め、次いで「電車で3駅以内」(25.5%)という結果となった。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

コワーキングオフィス

独立して働く人々が共同利用しながら働く事務所。そのような場所を「コワーキングスペース」ということもある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。