不動産ニュース / 開発・分譲

2021/8/6

物流施設「T-LOGI」シリーズを全国展開/東京建物

「(仮称)T-LOGI福岡」外観完成イメージ

 東京建物(株)は6日、首都圏で展開している物流施設「T-LOGI(ティーロジ)」シリーズについて、全国へ本格展開すると発表した。

 グループが強みとする用地情報取得ネットワークをより一層活用し、国内主要物流集積地を中心に立地を厳選。物流施設の開発を積極化する。

 九州圏、近畿圏、中部圏における同社初の物流施設開発事業として、福岡県糟屋郡須恵町、京都府京都市伏見区、愛知県一宮市でマルチテナント型物流施設の開発用地を確保。加えて大阪市西淀川区の物流施設開発計画((株)センターポイント・ディベロップメントとの共同事業)に参画した。
 今後は、「(仮称)T-LOGI福岡」、「(仮称)T-LOGI京都伏見」、「(仮称)T-LOGI一宮」、および「(仮称)大阪物流施設プロジェクト」として、開発を推進していく。

 「(仮称)T-LOGI福岡」は、九州自動車道「福岡」IC約9kmに位置。敷地面積約9,312平方メートル、延床面積約1万6,600平方メートル、鉄骨造地上3階建て。5月に着工しており、2022年4月末竣工予定。すでに佐川グローバルロジスティクス(株)の一括賃借・入居の内定を得ている。

 「(仮称)T-LOGI京都伏見」は、第二京阪道路「伏見」IC約2.5kmに位置。敷地面積約1万1,428平方メートル、延床面積約2万5,500平方メートル、地上4階建て、22年夏着工、23年夏竣工予定。

 「(仮称)T-LOGI一宮」は、東海北陸自動車道「一宮西」IC約2kmに位置。敷地面積約3万3,244 平方メートル、延床面積約8万平方メートル、鉄筋コンクリート造鉄骨造地上4階建て、22年春着工、23年秋竣工予定。

 「(仮称)大阪物流施設プロジェクト」は、阪神高速道路「大和田」IC約1.8km、阪神電気鉄道阪神なんば線「出来島」駅徒歩約9分と通勤アクセスにも優れた立地。敷地面積約1万5,336平方メートル、延床面積約3万1,136平方メートル、地上4階建て、21年夏着工、22年秋竣工予定。

 なお、現在、首都圏では8物件を手掛けており、全国で計12プロジェクトを推進している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。