不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2021/8/17

住宅ローン新規貸出額は前年比0.5%増

 (独)住宅金融支援機構は17日、2020年度の業態別の住宅ローン新規貸出額を発表した。

 主な金融機関等における住宅ローン新規貸出額は21兆1,014億円(前年比0.5%増)と増加し、5年連続で20兆円台となった。新型コロナウイルスの影響で住宅着工数が減少したものの、住宅価格の上昇や既存住宅の需要が拡大したことによる。

 内訳は国内銀行が15兆円(同4.1%増)。住宅金融支援機構のフラット35(買取型)が2兆2,000億円(同4.3%減)、労働金庫は1兆7,000億円(同15%減)と続いた。

 また、同年度末の住宅ローンの貸出残高は、前年度比2.9%増の206兆2,554億円。住宅ローンの低金利が継続しており、新規貸出額が20兆円台と安定して推移したことによる。

この記事の用語

住宅ローン

個人に対する住宅資金の融資をいう。主として民間の金融機関が担っているが、その円滑な実施などのため、(独)住宅金融支援機構(住宅金融公庫の廃止後、その機能の一部を引き継いだ組織)と連携することが多い。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。