不動産ニュース / 開発・分譲

2021/9/14

南大沢に「ウェルビーイング」コンセプトの分譲M

「CANVAS 南大沢」外観イメージ

 ファーストコーポレーション(株)は14日、新たな分譲マンションブランド「CANVAS」を立ち上げ、初弾物件「CANVAS 南大沢」(東京都八王子市、総戸数181戸)を開発すると発表した。

 身体的・精神的・社会的な健康状態がバランス良く調査の取れた状態を示す「ウェルビーイング」をブランドコンセプトに、高水準の健康支援や多岐にわたるサービスの提供を通じ、あらゆる人が持続的・多面的に充足できるマンション供給を目指す。主なターゲットは50~70歳代で、子供世代、孫世代との同居も想定して開発する。物件の販売、竣工後の管理・運営は、2020年11月に発足した子会社ファーストエボリューション(株)が担う。

 初弾の「CANVAS 南大沢」は、京王相模原線「多摩境」駅より徒歩16分に位置。敷地面積約5,270平方メートル、延床面積約1万3,185平方メートル、鉄筋コンクリート造地上9階建て。住戸は専有面積約32.47~82.35平方メートル、間取り1LDK~3LDK。(株)中央住宅、中央日本土地建物(株)との共同事業。
 ラウンジにはコンシェルジュが24時間常駐し、暮らしや医療の相談に対応する。また、ペットが同伴でき接客にAI搭載のロボットを採用したテラス付きレストランのほか、テレワーク用のリモートブースや会議室、大浴場など多くの共用施設を用意。フィットネスジムでは各種アクティビティを提供し、健康サポートにも力を入れる。
 22年1月初旬にモデルルームをオープン。第1期販売は、22年1月中旬を予定。販売戸数・価格は未定。竣工は、22年10月中旬、入居開始は同年11月中旬を見込む。

 14日に会見したファーストコーポレーション代表取締役社長の中村利秋氏は、「当社は物件販売後、アフターメンテナンスは提供しても、入居者の日々の暮らしと関わることはほぼなかった。新ブランドでは、多様な暮らし方を想定したさまざまなサービスを提供することで、継続的に入居者の暮らしをサポートしていく。同物件の供給を通じて、多くの人が健康、快適に暮らせる社会の構築にも貢献していきたい」(同氏)。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/24

記者の目を公開しました

人身売買被害者からホテル経営者へ(前編)~どん底生活からのアメリカンドリームストーリー」を更新しました。
インドで生まれたPareshkumar Patel氏。10代で人身売買被害にあった過去を持つが、なんと今では多数のホテルを所有し成功を収めるなどアメリカンドリームをつかみ取った。
コンテナに押し込められいつ買われるのかとおびえる日々から、どのようにして大逆転を果たしたのか。半生を振り返る。