不動産ニュース / 開発・分譲

2021/9/16

総合地所他、名古屋・志賀本通で大規模マンション

「MID WARD CITY」完成予想図

 総合地所(株)は16日、大和ハウス工業(株)、トヨタホーム(株)、阪急阪神不動産(株)と共同で開発中の分譲マンション「MID WARD CITY(ミッドワードシティ)」(名古屋市北区、総戸数351戸)のモデルルームをオープンしたと発表した。

 同物件は、名古屋市営地下鉄名城線「志賀本通」駅徒歩2分に立地する、地上10階建ての大規模分譲マンション。名古屋最大の繁華街である栄から3km圏で、隣接地にはスーパーマーケットが2022年4月に開業予定。

 コロナ禍による在宅時間やリモートワークの増加、ライフスタイルの多様化に対応。高速Wi-Fi、複合機プリンターなどを備えたコワーキングラウンジや全住戸分の個別宅配ボックスと共用宅配ボックス、ランドリールームなどを採用。災害対策として、非常用飲料水生成システム、ポータブル発電機、非常用マンホールトイレ、かまどスツールなども設置する。

 また、建設地周辺が都心部にありながら自然環境も豊かなエリアであることを踏まえ、地域との環境共生を目指し敷地内には6つのガーデンを設置。ABINCによる「いきもの共生事業所認証」を取得している。

 住戸は、2LDK~4LDK、専有面積約63~91平方メートル。10月下旬に販売開始予定。販売価格・戸数は未定。建物竣工は23年5月下旬。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。