不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/9/17

不動産私募ファンドの市場規模は23.4兆円

 (株)三井住友トラスト基礎研究所は15日、「不動産私募ファンドに関する実態調査」(2021年7月)結果を発表した。7~8月にかけ、国内不動産を対象に不動産私募ファンドを組成・運用している不動産運用会社109社を対象にアンケート。有効回答数は43社。

 21年6月末時点の不動産私募ファンドの市場規模は、運用資産額ベースで23兆4,000億円(前回調査(20年12月末時点)比約9,000億円増)と推計。前回調査に引き続き、過去最高額を更新した。増加ペースは若干減速したものの、新型コロナウイルス感染症拡大の環境下においても国内市場規模の拡大が継続している。

 デット資金調達状況の変化については、「特に変化はない」が16社でトップ。「レンダーの検討範囲(エリア・タイプなど)の縮小」(11社)が続いた。資金調達環境は大きな変化がない中で、コロナ禍により一部で見られた厳格化の動きは収まっていると分析している。

 エクイティ投資家の投資意欲は、「変化がない」が73%と依然過半を占める一方、「低くなってきている」が2%(同10%減)と大きく減少した。「高くなってきている」が24%に増加し、コロナ禍が継続する中でも、投資意欲が回復していることが伺えた。

 新型コロナウイルス感染症拡大後の投資方針の変化については、「影響があった」「影響がなかった」がそれぞれ50%と均衡。投資方針の変化では「投資対象の範囲縮小」、「LTV水準の低下」、「取得価格目線の低下」などの回答が多数を占めた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。