不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/9/24

コロナ禍で「家探しに変化」、83%が実感

 (株)TERASS(東京都港区、代表取締役:江口亮介氏)は23日の「不動産の日」に合わせ、首都圏で住宅売買仲介業を手掛ける不動産エージェント117人を対象に、「コロナ禍における住宅売買の変化」に関する調査を実施。その結果を発表した。

 コロナ禍前後で消費者の家探しに関する変化を実感したという回答は全体の83%と、大半が何らかの変化を感じているという結果となった。このうち、変化のポイントを複数回答で聞くと、「希望エリアが広がった」が20.2%と最も多く、「広さが重視されるようになった」16.8%、「部屋数が重視されるようになった」15.4%と続いた。同社では「巣ごもり生活になり、家が“寝る”だけでなく、“働く”“学ぶ”場所になったことで、広さや個室が求められるようになった。その結果、希望エリアを広げて検討する人が増えたのでは」と分析する。

 家探しのプロセスのうち、「難化した」ポイントは、「物件を探す」が48.7%で約半数を占めた。売出物件の減少によって選択肢が減少しているだけでなく、良質な物件の販売スピードも速くなっているといったコメントが目立った。また、「条件を絞る」23.9%、「内覧に行く」19.7%も回答割合が高く、価格高騰によって消費者の需要と市場の実態が乖離するケースが多くなり、希望条件の見直しから入る消費者が増えているという。

 1年後の首都圏の不動産価格の予測してもらったところ、「価格が下がる」と回答したエージェントは12.1%にとどまった。需給バランスがタイトになっている状況や低金利が継続する限り状況に変化はないというコメントが目立った。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

人の死に関するガイドライン、もう確認されましたか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/11/24

「記者の目」更新いたしました

需要高まる『音楽マンション』」を配信しました。特定の入居者層をターゲットとした「コンセプト型賃貸」が注目を集める中、越野建設(株)は区のコンサートホール等を施工した経験・ノウハウを生かし、「音楽マンション」を開発しています。施工時の工夫はもちろん、長期入居の促進に向けては、「音楽マンションらしい」ソフト面でのサービスも…。