不動産ニュース / 開発・分譲

2021/10/12

大井町でコミュニティ拠点併設のカフェ/東急

「PARK COFFEE」外観
1階カフェ。世界中の産地から直接買い付けたコーヒー豆を使い、本格的なコーヒーを提供する

 東急(株)は、大井町エリアにおけるコミュニティ拠点となるカフェ「PARK COFFEE」(東京都品川区)を14日に開業する。それに先立ち、12日、メディア向けに内覧会を開催した。

 同社が所有地に建物を建設。鉄骨造地上2階建て、延床面積約79平方メートル。1階部分をカフェおよびコミュニティスペースとして、地域住民が“公園”のように気軽に集い、大井町エリアの活性化に取り組める場を目指す。2階は同社沿線開発事業部 開発第一グループ品川担当の事務所とし、コミュニティ形成につながる多様なイベントの企画、開催を主導していく。

 内装には、東急線車両の廃棄部品や、旧駅舎の古材を随所に取り入れた。1階カフェは、自由が丘エリアでコミュニティ形成やカフェ運営を行なう「Sunset coffee」を誘致。店舗の監修には、三軒茶屋のカフェ「OBUSCURA COFFEE ROASTERS」を迎え、世界中の産地から直接買い付けた高品質な豆を使い、本格的なコーヒーを提供する。コミュニティスペースでは、環境対策に取り組むスタートアップ等と協業し、規格外の花を使ったワークショップや、フードロス削減をテーマにしたイベント等を開催するほか、レンタルスペースとして地域住民にも貸し出していく。まちづくりに係るイベントの場合は、無償でのレンタルも予定している。

 同社沿線開発事業部 開発第一グループ 大田・品川担当課長補佐の熊田雄介氏は、「大井町エリアは当社の沿線地域だが、これまで大々的にブランディング戦略に取り組むことはなかった。当施設を核に、まちづくりへの熱意を持つ地域住民と協力し、このエリアを盛り上げていきたい」と抱負を述べた。

1階カフェに併設したコミュニティスペース。右の絵は、アーティスト谷村 友氏による「大井町MAP」。マップ上には地域で有名な店舗等を記しており、利用者のコミュニケーションのきっかけ作りとする
東急線駅舎の古材を活用したベンチ。囲いは、車両に使用されていた荷棚を再利用している

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

人の死に関するガイドライン、もう確認されましたか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/11/24

「記者の目」更新いたしました

需要高まる『音楽マンション』」を配信しました。特定の入居者層をターゲットとした「コンセプト型賃貸」が注目を集める中、越野建設(株)は区のコンサートホール等を施工した経験・ノウハウを生かし、「音楽マンション」を開発しています。施工時の工夫はもちろん、長期入居の促進に向けては、「音楽マンションらしい」ソフト面でのサービスも…。