不動産ニュース / 政策・制度

2021/10/12

歌舞伎町の民間都市再生事業計画を変更認定

「(仮称)歌舞伎町一丁目築開発計画(新宿TOKYU MILANO 再開発計画)」完成予想図

 国土交通省は12日、「(仮称)歌舞伎町一丁目築開発計画(新宿TOKYU MILANO 再開発計画)」を、新宿駅周辺地域の新たな地域整備方針に基づく民間都市再生事業計画として初認定した。当初、2019年5月に認定を受けた計画の変更認定となる。

 映画館・劇場などエンターテインメント施設の整備や、ホテルなど高層複合施設の整備、リムジンバス乗降場整備など回遊性の向上といったハード面の整備に加え、空調設備の増強・高性能化、自然換気機能の導入など複数の感染症対策を実施することで、まちににぎわいを創出する。申請事業者は東急(株)と(株)東急レクリエーション。

 事業面積は約1万1,433平方メートルに、鉄骨造・鉄筋コンクリート造地上48階地下5階建ての建物を建設する。延床面積は約8万7,421平方メートル。このほか道路6,830平方メートル、広場1,070平方メートルなどを整備する計画。

 19年8月1日に着工済み。23年3月31日に竣工予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。