不動産ニュース / 団体・グループ

2021/11/22

DX協、電子契約や衛星画像データ活用テーマに勉強会

会員会社などから90人超が参加した

 (一社)DX不動産推進協会は22日、衆議院第一議員会館(東京都千代田区)にて3回目の勉強会を開催。会員企業等42社90人超が出席した。

 冒頭、代表理事の古木大咲氏が挨拶し、「設立から半年が経過し、会員企業は約50社に達した。今後、協会内に研究機関として『学術審議会』を設置するほか、与党議員と議員連盟の設立に向けて動いている」と述べた。

 勉強会では、会員企業であるイタンジ(株)の代表取締役・野口真平氏が「不動産DX最新動向と電子契約で変わる未来」をテーマに講演。野口氏は、賃貸取引フローのうち、部分的な効率化が実現しても、本質的な取引フローの非効率性は変わらないとして、「一気通貫でデジタル化することが大事」だと訴えた。

 また、(株)日本総合研究所のリサーチ・コンサルティング部門通信メディア・ハイテク戦略グループの片桐祐介氏が「衛星画像データの基礎と不動産領域における活用可能性」と題して講演した。片桐氏は、衛星画像データの基礎知識や特徴、最新トレンドについて説明した上で、不動産領域における活用事例を紹介。米国では、競合企業の業績を予測するために商業施設の駐車場稼働率を把握するケースや、不動産価値の判断として都市化・植生などのデータを活用する研究が進められていることなどを紹介した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

人の死に関するガイドライン、もう確認されましたか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/12/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.387 将来は砂浜が無くなる⁉ 知られざるワイキキのビーチ事情【アメリカ】」配信しました。
ハワイの一大観光地である「ワイキキビーチ」は、人工的に作られた砂浜だとご存知でしょうか? 風光明媚なこのビーチを保全するため、ハワイ州が取り組む「サンドプロジェクト」について、現地ライターが紹介します。