不動産ニュース / 開発・分譲

2021/11/24

渋谷二丁目の再開発事業に着手/東急

「渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業」外観イメージ

 東急(株)が参加組合員として参画する「渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業」が、12月1日、新築工事に着手する。

 同事業は、渋谷駅東口エリア、渋谷ヒカリエや青山通りに隣接する約3,460平方メートルの敷地に、地上23階地下4階建ての複合施設を整備。歩行者ネットワークの強化や、それと連続した広場空間・店舗等の施設を整備し、渋谷駅東口エリアの新たなにぎわいを創出するとともに、渋谷駅周辺の回遊性向上を図る。

 複合施設の延床面積は、約4万4,500平方メートル。1~4階の低層部には商業機能などを配置、5~23階にはハイグレードオフィス(総賃貸面積約2万4,950平方メートル、基準階面積約1,325平方メートル)を設置する。

 また同事業は、建築物省エネルギー性能評価制度(BELS)の建築物全体評価で最高ランクの星5つを獲得。8月31日付けで「ZEB Oriented」認証を取得するなど、省エネルギー施策を積極的に実施している。なお、工事期間中も「渋谷二丁目アートプロジェクト」と題し、現地仮囲いにアート作品を掲出。建設現場の彩りやまちの魅力向上を目指す。

 竣工・開業は2024年度の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。