不動産ニュース / 開発・分譲

2021/11/25

丸の内エリアに次世代カメラシステム導入/三菱地所

 三菱地所(株)は24日、大手町・丸の内・有楽町エリア(以下、丸の内エリア)のカメラ映像を一括で制御・管理できる「次世代カメラシステム」を導入すると発表した。

 従来、個別ビルごとに実施していたカメラの制御・管理をエリア全域一括で行なえるようにする。複数ビルにまたがって、最先端のAI画像解析を安全に行なうこともできる。対象は同社が所有・運営する約20棟のビルで、最大4万台の接続が可能。2021年度末には6棟、22年度末には8棟のビルを接続する予定。

 これにより、店舗エリアや丸の内仲通り、喫煙所などの混雑状況の把握・対応、うずくまっている人や転倒者、目が不自由な人といった見守り対象者の早期発見対応、災害への対応強化などを進めることができるという。

 今後も、入居企業やスタートアップ企業などと連携し、AI・テクノロジーの活用をさらに進め、ポストコロナ時代や人手不足社会にも柔軟に対応できるまちづくりを推進していく計画。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

防犯カメラ

防犯のための監視に用いるビデオカメラ。撮影のためのカメラをいうが、映像の伝送、画像の処理、記録保管などの機能を含めた装置全体を指す場合もある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
新しい住宅トレンドは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/1

「海外トピックス」更新しました!

日常にとけこむ「温室リノベーション物件」【オランダ】」配信しました。
国土の半分以上が耕地であるオランダでは、特に野菜や花の温室栽培が盛ん。一方でまちなかには、老朽化などを機に長年放置されている温室が多く、近年はそうした温室をコミュニティスペースや飲食店として再生する試みが見られます。