不動産ニュース / その他

2021/12/2

空き家活用事例が5年で約80件/ジェクトワン

 (株)ジェクトワンは1日、2016年に開始した空き家活用事業「アキサポ」の取り組みについて、プレス向け説明会を開催した。

 同事業では、物件特性や地域のニーズに合わせたリノベーションを行ない、シェアキッチンや新店舗、バイクガレージ、宿泊施設などへ再生している。「NPO法人空き家活用プロジェクト」を立ち上げ、行政との連携を図り、自治体後援のセミナー、無料相談イベント、空き家相談窓口を実施するなどの取り組みを行なってきた。
 2021年度(4~11月)は、活用実績43件(5年間で約80件)、問い合わせ数992件(前年度比870%増)。セミナーなど地道な活動を継続したことで潜在層の意識を啓発、また、空き家活用の取り組みをメディアで多く取り上げられるようになり、実績・反響数ともに大幅増となった。

 全国各地の空き家問題解決を目指し、今年6月からスタートした「アキサポネット」の加盟店は、9府県12社。首都圏に次いで問い合わせ数の多い関西エリアでの加盟店獲得に注力し、全国での加盟店獲得につなげていきたい考え。今後3年で70社、5年で100社の獲得を目指す。

 同社代表取締役の大河幹男氏は、「空き家の相談案件のうち、活用提案できるのは40~45%程度。売却や解体、空き家管理などの提案も含め、全国の空き家を活性化させ、不動産市場の流通に乗せていくのが空き家活用のゴールと考えている。現在、7割以上の空き家所有者が『何もしていない』状況だが、『アキサポ』を広く周知し、空き家活用が当たり前となる市場の整備に努めたい」と話した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。