不動産ニュース / 仲介・管理

2021/12/14

大規模修繕周期を18年前後に長期化/日鉄コミュニティ

 日鉄興和不動産(株)の100%子会社でマンション管理事業を行なう(株)日鉄コミュニティは14日、大規模修繕周期を18年前後に長期化する工事「リサージ18」を開発したと発表した。

 「リサージ18」では、耐用年数以上の性能を持つ材料や耐久性能を上げる工法を採用することで、防水工事を10年から15年に、シーリング工事を5年から10年にするなど保証期間を延長。さらに工事完了後の点検等を実施することにより、大規模修繕工事の周期をこれまでの12年前後から18年程度に延長できるようにした。工事の回数を減らし、長期にわたる修繕工事コストを抑制することで、管理組合の工事準備に係る負担や居住者の工事中における騒音や不自由さ等のストレスの軽減を図る。

 すでに2020年3月より、管理するマンション管理組合に「リサージ18」の提案を開始しており、3物件の管理組合との間で工事請負契約を締結。3物件は「アクアリーナ川崎ロッソタワー」(08年竣工・川崎市幸区、総戸数126戸)、「アクアリーナ川崎ヴェルデタワー」(09年竣工・川崎市幸区、総戸数125戸)、「ライフブロード西白井」(1996年竣工・千葉県白井市、総戸数112戸)で、2021年8月から随時、着工している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。