不動産ニュース / IT・情報サービス

2021/12/22

三井不、商業施設や賃貸マンションにMaaS導入

 三井不動産(株)は22日、同社グループ発の新規事業の開発・推進を担う(株)ShareTomorrowと共同で、複数の移動手段を組み合わせて提供する MaaSを不動産に導入する新サービス「&MOVE」を立ち上げ、三井不動産グループが開発・運営する商業施設・ホテル・マンションへの導入を開始した。

 2019 年に資本業務提携したMaaS Global 社のアプリと、コミュニケーションアプリ(SNS)を活用。各施設を利用するユーザーの用途に合ったモビリティと料金プランを提供。コミュニケーションアプリを通じ、仕事用のワーキングスペースや、日常のくらしで利用する店舗・サービス施設等、各施設の利用者に適した情報を提供することで、目的地への移動をサポートする。

 また、ホテル宿泊者向けサービスでは、ホテル周辺スポットや周遊ミニツアーの情報提供やシェアサイクルワンデーパス等の提供、商業施設来館者向けサービスでは、無料のシェアード・シャトルサービスや買物金額の一部の交通費への還元、賃貸住宅入居者向けサービスでは、入居者専用モビリティ(カーシェア、シェアサイクル)をマンション敷地内に設置し、個別課金に加え全日・全サービス利用可能なサブスクプランを提供するなど、各施設の利用者の利便性を向上させるサービスを組み合わせる。

 対象となる施設は、ホテル(16日開始済み)が「三井ガーデンホテル銀座プレミア」(東京都中央区)、「三井ガーデンホテル日本橋プレミア」(同)、「三井ガーデンホテル京橋」(同)。商業施設(24日開始)は「アーバンドック ららぽーと豊洲」(東京都江東区)。賃貸住宅(24日開始)が「パークアクシス豊洲キャナル」(東京都江東区)、「パークアクシス東日本橋ステーションゲート」(東京都中央区)。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。