不動産ニュース / 開発・分譲

2021/12/22

赤坂に木質空間実現したオフィスビル/野村不

「(仮称)溜池プロジェクト」外観イメージ

 野村不動産(株)は22日、オフィスビル「(仮称)溜池プロジェクト」(東京都港区)が令和3年度サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)に採択されたと発表した。

 同社が事業企画・監修を行ない、清水建設(株)のハイブリット木質構法「シミズハイウッド」により木質空間を実現したオフィスビルを開発する。鉄骨造一部木造地上9階地下1階建て。

 木質の柱・梁、CLTスラブを採用し、鉄骨造と組み合わせることで耐震性・耐火性を確保。オフィス内天井も木質化し、木の素材感を感じられるようにする。外観には木質耐火構造部材を用いた木格子を設え、透明ガラスで囲うことで美観保持と木の見える化を両立する。

 建築時のCO2排出量は鉄骨造の物件と比較し約100t削減する見込み。また、木材が成長段階で吸収するCO2約320tの固定化を実現する。これは、同物件計画地と同等規模の土地に杉を植栽した場合のCO2吸収量約527年分に相当する。

 竣工は2023年10月の予定。

この記事の用語

CLT

木材板を積層接着した厚型のパネル。英語のCross Laminated Timberの略で、和訳は「直交集成板」である。 CLTは、板の層を繊維方向が直交するように交互に張り合わせたもので、高い寸法安定性、優れた断熱性があるほか、CLTを柱や梁とする構造は軽量で耐震強度を確保できるとされている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。