不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2021/12/22

東急不HD、「ハンズ」をカインズへ売却

 東急不動産ホールディングス(株)は22日、連結子会社の(株)東急ハンズの発行済株式すべてをホームセンターチェーンを運営する(株)カインズに譲渡することを決定。株式譲渡契約を締結した。株式譲渡日は、2022年3月31日。売却額は非公開。

 東急ハンズは、1976年に東急不動産100%子会社として創業。DIYを中心とした提案型ライフスタイルショップとして、現在国内外86店舗(うちFC24店舗)を展開。唯一無二の小売事業者として、東急ブランドの価値向上に貢献してきた。

 しかし、小売市場は近年、少子高齢化やユーザーの行動変容等を背景に飽和状態が常態化。EC化の進行、競合他社の台頭に加え、新型コロナウイルス感染症の拡大などもあり、同社の業績は低迷。21年3月期は当期純損失71億円余を計上していた。

 同社は、PB商品の開発強化、EC取引の拡大、FC展開の加速などに取り組み、再建に向けてグループを挙げて支援してきたが、グループの経営資源による再構築は困難であると判断。ファイナンシャルアドバイザーを選定して入札による売却先の検討を進めていた。

 カインズは今後、自社が強みとして持つ SPA(製造小売り)としてのオリジナル商品の開発力や、これまで培ってきたデジタル基盤を最大限活用。東急ハンズが「ヒント・マーケット」というコンセプトの下で磨き上げてきた発想力や商品・生活提案力、目利き力などを掛け合わせることで、様々な分野でシナジーを発揮していく方針。

 なお、東急ハンズの社名・商標等については、株式譲渡日までに新社名を検討。店舗については一定期間、現在の店舗名を使用し、適切なタイミングで屋号についても変更する予定。また、経営陣については、22年3月31日時点で現在の経営陣を維持する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。