不動産ニュース / 政策・制度

2022/1/6

国交省、豊洲の複合開発を民間都市再生事業認定

「(仮称)豊洲4-2街区開発計画」

 国土交通省はこのほど、(株)IHIと三菱地所(株)から申請されていた「(仮称)豊洲4-2街区開発計画」(東京都江東区)を民間都市再生事業計画に認定した。

 約1万9,000平方メートルの事業区域は、都市再生緊急整備地域および特定都市再生緊急整備地域(東京都心・臨海地域)に指定されている豊洲エリアに立地。産業支援施設、商業施設、文化・交流施設といった多様な都市機能を導入し、新たなビジネスを創出・発信する交流拠点の形成を図る。

 地上17階地下1階建て、地上15階地下1階建ての2棟の建物を建築する。延床面積は、2棟合わせて約13万6,500平方メートル。インキュベーションオフィスやシェア企業寮等の産業支援施設を整備することで、国内外の企業間交流を促し、グローバルに情報発信を行なう拠点を形成する。建物低層部には、複数階に渡り商業機能を配置。大屋根を架けた中心広場とそれを取り囲む歩行者デッキを整備し、地区内の回遊性を向上させる。

 事業期間は2022年7月1日~25年7月1日の予定。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

TikTokやインスタ動画で集客??
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/1/1

「海外トピックス」更新しました!

ブエノスアイレスがタンゴに染まる日【アルゼンチン】」配信しました!
アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスでは、毎年夏に「アルゼンチンタンゴフェスティバル」が開催されます。世界中のタンゴ愛好家が集結しコンサートやレッスンが催されるほか、アルゼンチンタンゴ世界選手権の決戦の場ともなります。コロナ禍においては、開催形式を工夫。当日の模様などを現地ライターがレポートします。