不動産ニュース / 開発・分譲

2022/1/24

大阪のマンションに冷凍宅配ボックスを初採用

実証実験時の冷凍・冷蔵宅配ボックス

 東急不動産(株)およびパナソニック(株)は、分譲マンション向けの冷凍・冷蔵宅配ボックスを開発し、東急不動産が大阪市中央区で分譲予定の「ブランズタワー大阪本町」(総戸数302戸)、「ブランズタワー谷町四丁目」(同174戸)で採用する。国内の分譲マンションにおける冷凍機能のついた宅配ボックスの採用は、日本初の取り組み。

 パナソニックが2021年1月に開発した受け取り用冷凍・冷蔵ロッカーをベースとして、インターホンシステム連携や非接触キー対応など分譲マンション用途への変更開発を進めてきた。その中で、心斎橋東急ビルの東急不動産のオフィス内に受け取り用冷凍・冷蔵ロッカーを設置の上、ヤマト運輸(株)および佐川急便(株)の協力のもと実証実験を実施。その結果、同ロッカーに配送された商品の温度帯に問題がないことを確認できたため、今回の本格運用開始に至った。2物件においてもヤマト運輸、佐川急便が配送を担当する予定。

 「ブランズタワー大阪本町」は、Osaka Metro堺筋線・中央線「堺筋本町」駅から徒歩3分に立地。敷地面積2,094.82平方メートル、延床面積3万2,681.45平方メートル、鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)地上43階建て。竣工は23年11月の予定。「ブランズタワー谷町四丁目」は、Osaka Metro谷町線・中央線「谷町四丁目」駅から徒歩3分に立地。敷地面積1,107.68平方メートル、延床面積1万7,340.36平方メートル、鉄筋コンクリート造地上31階建て。竣工は24年1月下旬の予定。引き渡しは両物件とも24年3月の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

宅配ボックス・宅配ロッカー

不在時に荷物などを受け取るための設備。配達人がロッカーに荷物を入れると鍵がかかり、荷宛人は暗証番号や認証カードを用いて受け取る。宅配ボックスは、一般に、マンションの共用部分に設置されている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。