不動産ニュース / IT・情報サービス

2022/2/3

位置情報を加味したワーキングスペース提案等の実証実験

 (株)日立製作所、東日本旅客鉄道(株)、野村不動産(株)は3日、鉄道の運行情報とワーキングスペース利用状況等のライフログを活用した実証実験を開始した。

 実証実験ではJR東日本が提供する運行情報、野村不動産のサテライト型シェアオフィス「H1T」の運営のノウハウ、日立のマッチングおよびデジタルサイネージの基盤技術とライフログ活用での知見を組み合わせ、ワーキングスペース等のデジタルサイネージへ運行情報を表示する「運行関連コンテンツ提供サービス」と、参加者の位置情報を活用して移動しやすいワーキングスペースの検索・予約情報を提供する「マッチングサービス」を検証する。

 運行関連コンテンツ提供サービスでは、(株)日立ケーイーシステムズが提供するデジタルサイネージソリューション「MediaSpace」と連携。ワーキングスペース等にデジタルサイネージを設置して、最寄り駅の遅延・運転見合わせ等の運行情報、近隣のレストランの割引クーポン、ワーキングスペースの利用延長提案等の情報を表示する。

 マッチングサービスでは、ワーキングスペースを複数人や一人で利用する際に、位置情報を加味して移動しやすいワーキングスペースを検索、予約することができるWebサービスを提供。利用者は自身や会議同席者の位置情報、利用したい時間を入力するだけで、最適なワーキングスペースを検索・予約することができる。また、利用者の過去の予約情報に基づき、本人の趣向に合ったワーキングスペースを提案する。

 運行関連コンテンツ提供サービスは、「H1T秋葉原」、「JR東日本ホテルメッツ 秋葉原」、「秋葉原ダイビル」で、施設利用者を対象に実施。マッチングサービスはH1T、「新宿プリンスホテル」、「JR東日本ホテルメッツ 秋葉原」で、日立グループ従業員約100人を対象に行なう。実証実験の期間は28日まで。実用化にあたっては、ワーキングスペースに留まらず、さまざまな施設での展開を目指す。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/9/5

月刊不動産流通2022年10月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年10月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「変わるマンション管理 仲介にどう生かす? 」。マンションの管理状態や管理組合運営に対する評価基準を設け、‟管理の見える化”を図る目的で、今年4月「マンション管理計画認定制度」がスタート。「マンション管理適正評価制度」の運用も開始されました。今後、マンション管理次第で物件の評価が変わっていくかもしれません。行政機関、業界団体、管理会社、仲介会社に制度についての思いや市場への影響等の予測を聞きました。