不動産ニュース / イベント・セミナー

2022/3/8

「立退交渉」等について弁護士が解説するセミナー

 (一財)日本ビルヂング経営センターは、オンラインセミナー「ビル経営をめぐる最近の法的諸問題への対応~テナント対応時に必要となる借地借家法の基本知識とトラブル等への具体的対策~」を25日に開催する。

 吉田修平法律事務所代表弁護士の吉田修平氏が登壇。「賃料改定交渉」や「修繕要望対応」、「未払い賃料対応」等、賃貸実務担当者がテナント対応で悩むことが多い事柄について法律実務上の原理・原則を解説。建て替えや再開発等に伴う「立退交渉」といった法的諸問題についても、事前の備えや対処方法を説く。

 開催時刻は13時30分~16時30分。定員は90人。申し込みは同センターホームページから。参加費用は1人1万9,800円((一社)日本ビルヂング協会連合会会員、日本ビル経営管理士会会員等は割引料金となる)。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。