不動産ニュース / 開発・分譲

2022/4/8

「Suita SST」が4月29日にまちびらき

Suita SSTのイメージ

 パナソニック オペレーショナルエクセレンス(株)が代表幹事であるSuitaサスティナブル・スマートタウン協議会は、「Suita サスティナブル・スマートタウン(Suita SST)」(大阪府吹田市)が、29日にまちびらきすると発表した。

 パナソニックグループが進める「サスティナブル・スマートタウン」の関西初展開となるプロジェクト。開発面積2万3,379.79平方メートル。

 若年層からファミリー、シニアまで多世代が住まい、交流するまちを目指し、分譲マンション「パークナード・グラン吹田 SST」(敷地面積3,921.48平方メートル、総戸数100戸)、シニア分譲マンション「パークナード吹田 SST エクラ」(敷地面積3,782.62平方メートル、総戸数126戸)、大阪学院大学の学生マンション「OGU HOUSE 吹田 SST」(敷地面積803.69平方メートル、総戸数73戸)などさまざまな住宅を開発した。
 さらに、サービス付き高齢者向け住宅(63戸)やグループホーム等を含むウェルネス複合施設「Gakken 多世代スクエア吹田 SST」(敷地面積2,142.66平方メートル)、複合商業施設「オアシスタウン吹田 SST」(敷地面積9,150.76平方メートル)、多世代が交流できる公園「Suita Suitable square」(敷地面積1,408.97平方メートル)も設えた。

 まちびらき後も、Suitaサスティナブル・スマートタウン協議会がまちの運営に携わり、多世代が集うまちを活用した実証を実施。エリア一括受電と再生可能エネルギー、非化石証書等の活用により、まち全体の消費電力を実質再生可能エネルギー100%でまかなう日本初の「再エネ100タウン」を実現する。セキュリティ面では、AI、4Kを搭載した高性能タウンカメラを設置し、「転倒」「滞留」「車椅子・白杖」などの画像解析を備えたシステムでまちの見守りを実施。ウェルネス分野では、IoTを活用した高齢者の認知機能低下の検知等を行なう。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2022年、不動産業界で何が起こった?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/1/24

「記者の目」更新いたしました

美味しい“サードプレイス”の提供でまちににぎわいを」を更新しました!
近年、不動産事業者が、地域に人を呼び込み、まちを活性化する動きがみられている。
今回は拓匠開発を取材。本社近くの空き施設を入手してコンバージョンし、飲食店舗をオープンしたという。地域の変化、住民の反応は?