不動産ニュース / 開発・分譲

2022/4/14

三菱地所、「銭瓶町ビルディング」が竣工

「銭瓶町ビルディング」外観

 三菱地所(株)は13日、東京駅日本橋口前の常盤橋街区再開発「TOKYO TORCH」の下水道局棟(D棟)が竣工したと発表。正式名称を「銭瓶町(ぜにがめちょう)ビルディング」に決定した。

 「TOKYO TORCH」は、約3万1,400平方メートルの敷地に、オフィス、商業施設で構成する「常盤橋タワー」(A棟、竣工済み)、オフィス、ホテル等で構成する「Torch Tower」(B棟、27年度竣工)および変電所(C棟、21年6月末・27年度竣工)・下水道局(D棟)を建設するプロジェクト。総延床面は積約74万平方メートル。

 同エリアに位置する銭瓶町ポンプ所は都心の大手町、丸の内エリアの汚水廃除を担ってきた。1964年に国内初の民間による特定街区の都市計画決定を受けて開発され、その後50年超が経過。施設の更新が必要となっていた。

 今回の開発では、下水道局所有エリアを除いた日本ビル全館を16年にいったん閉鎖。工事対象地となる北側部分のみを解体した上で、残る南側部分を生かしながら進める部分解体の手法で工事を進め、従前のポンプ所の機能を止めることなく完成した。

 建物は、地上9階地下3階建て。延床面積は約3万平方メートル。建物は東京都下水道局の所有となり、地上階は下水道局の事務局となる予定。

 低層部外壁は、下水道の管渠に伝統的に用いられてきたレンガタイルを積み上げたような表現とすることで、下水道施設としてのアイデンティティを表現。また、コーナー部分に向けて大きくなるように庇の出を変化させたファサードとしたほか、外構部分や2階・屋上のテラスに植栽を設けることで、道路を挟んで対面する常盤橋公園ともつながる“緑のネットワーク”を構築。さらに建物の冷暖房用の熱源として下水熱を活用。下水の温度特性を利用することで、環境負荷の低減に寄与する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。